PR

【軌跡シリーズ】蛇の使徒とは何者?メンバーや目的は?【身喰らう蛇】

軌跡シリーズ
スポンサーリンク

軌跡シリーズで登場する秘密結社《身喰らう蛇》。その最高幹部は《蛇の使徒》と呼ばれます。

今回は、《蛇の使徒》について解説します。

※『黎の軌跡Ⅱ』までのネタバレを含みます。

蛇の使徒とは

《蛇の使徒》とは、ゼムリア大陸で暗躍する秘密結社《身喰らう蛇》の最高幹部のことです。アンギスとも呼ばれ、単に「使徒」とも呼ばれることもあります。

第一柱から第七柱までの7人で構成されており、それぞれ能力や性格、思想は異なりますが、《身喰らう蛇》の頂点である《盟主》に対しては全員、絶対的な忠誠を誓っています。

 

使徒

第一柱

第一柱は『空の軌跡the 3rd』で初登場しましたが姿は現しておらず、いまだに姿は明らかになっていません。

使徒たちの会話から、彼らを取りまとめるような立ち位置と推察されますが詳細は不明です。

 

第二柱

《蒼の深淵》ヴィータ・クロチルダ

ヴィータ・クロチルダは結社の第二柱であり、姿を見せたのは『閃の軌跡』からです。魔女の里エリン出身であり、非常に高い魔力と豊富な知識を持っています。

表では帝国歌劇場のトップスターとして活動しており、「蒼の歌姫(ディーヴァ)」と呼ばれています。また、お忍びでラジオパーソナリティとしても活動もしています。

『閃の軌跡Ⅰ・Ⅱ』では結社の進める「幻焔計画」遂行のために行動しますが、『Ⅲ』では結社の方針に反対して結社を離れています。

以降の作品でもたびたび登場していますが、今だ結社には戻っていないようです。

 

第三柱

《白面》ゲオルグ・ワイスマン

ゲオルグ・ワイスマンは『空の軌跡』で登場した《蛇の使徒》の第三柱であり、リベールでの「福音計画」を指揮した人物です。

『空の軌跡FC』ではアルバ教授と名乗り、正体を隠して主人公のエステルたちに近づきました。『FC』のエンディングにおいてヨシュアの前で正体を現し、記憶や精神を操作してヨシュアを自らの手駒としています。

『空の軌跡SC』では本格的に「福音計画」を進め、「輝く輪(オーリ・オール)」の力で古代都市・リベル=アークを復活させますが、エステル達に敗れ、リベル=アークからの脱出を図ります。

しかし最期は七耀教会の《守護騎士》ケビンによって「塩の杭」で攻撃され、全身が塩の塊となって死亡しました。

 

《根源の錬金術師》マリアベル・クロイス

マリアベルは、ワイスマンに代わる新たな第三柱です。クロスベル中央銀行の総裁ディーター・クロイスの娘であり、『零の軌跡』で初めて登場しました。

錬金術師の家系「クロイス家」の末裔であり、『零の軌跡』『碧の軌跡』の黒幕です。

500年前に消滅した《幻の至宝(デミウルゴス)》を超える至宝《零の至宝》の創造を目的とし、クロスベルで起こったさまざまな事件を影から操っていました。

『零の軌跡』開始時点では使徒ではありませんが、『碧の軌跡』のラストで、クロスベルを離れ結社の使徒になることを明かしています。

スポンサーリンク

第四柱

《千の破戒者》エルロイ・ハーウッド

エルロイ・ハーウッドは結社の第四柱であり、『黎の軌跡』で初めて姿を現しました。「犯罪の天才」の異名があり、犯罪計画の立案と実行において他を圧倒するほどの頭脳を持っています。

「煉獄の悪魔すら蝕み、腐食させるほどの謎めいた力」を操ると言われていますが、その実態はBC兵器(B=生物兵器、C=化学兵器)の使い手。国際的に使用を禁止されている兵器(毒)をためらいなく使う危険人物です。

元は暗殺組織《月光木馬團》の一員でしたが、結社との抗争の末に敗れて結社に下った経緯があります。

「面白そう」が行動原理であり、自身の欲求を満たすためには道理やルールを無視して行動することもいとわない性格です。

『黎の軌跡Ⅱ』では物語に大きく関わり、「劇場型犯罪」と称して主人公たちと戦いを繰り広げましたが、その後は姿を消しています。

 

第五柱

第五柱は『空の軌跡the 3rd』で声だけで登場していますが『黎の軌跡Ⅱ』まで登場せず、詳細は不明です。

 

第六柱

《博士》F.ノバルティス

F・ノバルティスは結社の第六柱であり、『碧の軌跡』で本格的に登場しました。《博士》と呼ばれており、結社の技術ネットワーク《十三工房》の責任者でもあります。

マッドサイエンティストという言葉がふさわしい人物であり、自らの知的欲求を満たすためなら誰がどうなろうが構わないという考えを持っています。

《身喰らう蛇》で使われている数々の兵器に関与しており、応用・強化する技術にかけては天才的と師であるヨルグから評価されています。しかしヨルグの研究成果である「ゴルディアス級」を奪い取ったため、彼からは毛嫌いされています。

『創の軌跡』でも登場しましたが、研究成果を確認するために姿を現すことが多く、ノバルティス博士自身は戦闘の描写がありません。

 

第七柱

《鋼の聖女》アリアンロード

アリアンロードは結社の第七柱であり、《鋼》とも呼ばれる結社最強の剣士です。敵対者には容赦はありませんが、慈悲深く仁義に厚い性格をしています。

『碧の軌跡』で初めて姿を現し、《幻焔計画》遂行のため主人公ロイドたちの前に強敵として立ちはだかりますが、実力を認めクロスベルを去ります。

『閃の軌跡Ⅲ』では、その正体は250年前に帝国で起きた獅子戦役で名を馳せた《槍の聖女》リアンヌ・サンドロットであると明かされます。獅子戦役で致命傷を負い一度は死亡しましたが、「不死者」として復活を遂げていました。

約20年前に《盟主》の誘いを受けて結社に入っており、《盟主》に忠誠を誓っています。

『閃の軌跡Ⅳ』では主人公リィンとの戦いの末に敗れ、ともに戦う道を選ぼうとしますが突如現れた《金の騎神》の不意打ちで致命傷を負い、消滅しました。

その後第七柱は空席になっていますが、次に第七柱となる人物がいることが『創の軌跡』の隠しエピソードで示唆されています。

スポンサーリンク

オルフェウス最終計画

概要

使徒の大きな役割は、結社が秘密裏に進めている「オルフェウス最終計画」の遂行と考えられます。

「オルフェウス最終計画」の具体的な内容は明言されていませんが、これまでに第1段階、第2段階、最終段階と進められており、《七の至宝》の回収やその行方の観測が目的と考えられます。

 

第1段階《福音計画》

リベール王国に封印されていた空の至宝《輝く環》(オーリ・オール)の回収を目的とした計画です。使徒第三柱の《白面》ワイスマンによって主導されました。(『空の軌跡SC』)

 

第2段階《幻焔計画》

『クロスベルの虚ろなる”幻”をもって、帝国の”焔”を呼び起こす』と語られ、使徒第二柱の《蒼の深淵》クロチルダによって主導されました。

第一幕はクロスベル自治州で幻の至宝《虚なる神》(デミウルゴス)の再現に成功し、より大きな力を持った《零の至宝》を顕現させますが、やがて《零の至宝》の力は失われます。(『碧の軌跡』)

第二幕はエレボニア帝国へ舞台を移し、帝国に存在した二つの至宝である、焔の至宝《アークルージュ》と大地の至宝《ロストゼウム》が合体した《巨イナル一》の現実世界の次元からの消滅を確認し、《幻焔計画》は完了しました。(『閃の軌跡Ⅳ』)

 

最終段階《永劫回帰計画》
《幻焔計画》の完了とともに、《盟主》によって開始が宣言されましたがその詳細は不明です。
登場人物に関する記事
歴代の主人公 エステルの年表
ケビンの年表 ロイドの年表
リィンの年表 ルーファスの年表
ヴァンの年表 蛇の使徒の一覧
執行者の一覧 守護騎士の一覧
登場人物の誕生日
登場人物(サブキャラ)に関する記事

遊撃士トヴァルの
サポート活動

元秘書ギルバートの
出世街道

クレオ書記官の
転勤事情

詐欺師マギサ婆さんの
逃亡劇

交換屋ジンゴの成長記

ユン老師
世界観に関する記事
世界地図 リベール内の地図
エレボニア内の地図 カルバード内の地図
七の至宝 魔剣・宝剣・聖剣
歴代戦術オーブメント 国ごとの年表・時系列
釣り人の組織と称号 作中小説
1アージュは
何メートル?
軌跡シリーズの
英語タイトル
タイトルとURLをコピーしました