PR

【軌跡シリーズ】元秘書ギルバートの出世街道

軌跡シリーズ
スポンサーリンク

軌跡シリーズでは、作品をまたいで多くのシリーズに登場するキャラクターが大勢います。

今回は、ギルバート・スタインの登場シーンを振り返ってみましょう。

ギルバートについて

プロフィール

名前 ギルバート・スタイン
出身 不明
年齢 不明
CV 菅沼久義

リベール王国の名門校であるジェニス王立学園出身で、初登場時はルーアン市の市長秘書を務めていました。

しかし、『空の軌跡』の主人公エステルにより悪事が露見してから彼の転落人生が始まります。

 

ギルバートの登場シーン

空の軌跡FC

ギルバートが初登場したのは『空の軌跡FC』。

リベール王国の名門校ジェニス王立学園のOBであり、登場時点では港湾都市ルーアン市長であるダルモアの秘書を務めていました。

しかし裏では市長と共に悪事に手を染めており、マーシア孤児院の放火を指示していたことが露見すると、ダルモアともども逮捕され、失脚します。

 

空の軌跡SC

次作『空の軌跡SC』でも登場。

結社に捕まったエステルが飛行艇から脱走する際、エステルの前に立ちはだかります。

ギルバートは『FC』の終盤で起こったクーデターの混乱に乗じて脱獄し、秘密結社《身喰らう蛇》に拾われて戦闘強化プログラムを受け、強化猟兵となっていました。

部下を率いてエステルを追い詰めますが、強化猟兵に変装したヨシュアが助けに現れ、ギルバートは一撃でやられてしまいます。

その後、ジェニス王立学園に王女が通っていることをつきとめ王立学園を占拠しますが、エステルたちの活躍によって計画は失敗。

命令外の行動をした上に失敗してしまったことで、カンパネルラからきつくお仕置きをされました。

終盤、再びエステルたちと戦いますがやはり敗北。強力な新型人形兵器を用いても自身が強くなったわけではないことを指摘されてしまいました。

スポンサーリンク

空の軌跡 the 3rd

『空の軌跡 the 3rd』でも続けて登場。今作では出番が多めです。

グランセルでケビン(今作の主人公)を尾行していましたがあっけなく見つかってしまい、ケビンたちの巻き添えで「影の国」に迷い込み様々な災難に遭遇します。

また今作では、前作『SC』の終盤で《リベル=アーク》崩壊を目の当たりにし、自分がさせられていたことに恐怖する姿も描かれています。

終盤ではケビンたちに同行しており、一行が乗り込んだ飛行艇がドラギオンに襲われたとき、愛機G-アパッシュに乗り込んで襲い来る敵を1人で引き付けるという活躍がありました。

実は今作では第38強化猟兵部隊の中隊長に出世していました。

エンディングではなんとか合流し、最後には「次に会う時はもっと出世してパワーアップした姿を見せる」と奮起していました。

 

暁の軌跡

『暁の軌跡』では、《影の国》事件後にカンパネルラの指示でリベールに戻っていたところをナハト(今作の主人公)たちに見つかります。

このときジェニス王立学園の後輩であるクロエに学生時代や秘書時代の理想に燃えていた自分の話をされ、精神的ダメージを負ってしまいます…。

その後捕縛され、レイストン要塞に捕らえられていたところを暗殺者に殺されかけますが、カンパネルラによって救出されました。

スポンサーリンク

閃の軌跡Ⅳ

『空の軌跡 the 3rd』から作中では3年後、ギルバートは結社の第06強化猟兵連隊の連隊長になっています。

皇帝暗殺未遂の実行犯であるアッシュを探しており、ハーメル廃村でアッシュを連行しようとしますが主人公側の援軍が現れたことで撤収します。

数日後、別の作戦では衛士隊に協力し、ハイアームズ侯爵とイーグレット伯爵が乗る飛行船を鹵獲します。しかしリィン(今作の主人公)たちに急襲され、形勢が不利となると一目散に撤退します。

さらにその後、飛行船パンタグリュエルの襲撃に加わり、新たに開発されたG-アパッシュ改に乗り込みエステルたちに挑みますが、例のごとく返り討ちにされます。

物語終盤では、カンパネルラの命令で隠れ里エリンの監視任務を与えられますが、手柄を立てようとして里を襲撃します。

しかし里解放のために参戦したリィンたちに敗れ、命令外のことを行ったことでカンパネルラからきついお仕置きを受けます 。

最終決戦では結社の特務艇でカレイジャスIIを攻撃しますがまるで相手にならず、今作での出番は終了します。

 

創の軌跡

『創の軌跡』でも少しですが登場します。

ギルバートは結社の一員としてなかなか結果を出せないセドリックを見下していましたが、命がけの訓練で精神的に成長したセドリックに敗北し、実力の差を見せつけられてしまいました。

また、追加エピソードでは温泉郷ユミルの雪山でこっそり訓練をしていたところをブライト家に発見され、戦闘になります。

手柄を立てて《執行者》入りを夢見ていますが結果はいつもの通り。今作ではここで出番終了となります。

 

今後の登場は?

『黎の軌跡』シリーズでは未登場ですが、結社は国をまたいで活動しているため今後の登場も十分可能性はあると考えられます。

ギルバートがどこまで出世できるのか、またこのまま結社に身を置き続けるのか、今後も彼の動向が気になるところです。

 

おまけ

スマホアプリ『閃の軌跡:Northern War』のキャラクター紹介では《蛇の使徒》としてセンターを飾っています。大出世!

登場人物に関する記事
歴代の主人公 エステルの年表
ケビンの年表 ロイドの年表
リィンの年表 ルーファスの年表
ヴァンの年表 蛇の使徒の一覧
執行者の一覧 守護騎士の一覧
登場人物の誕生日
登場人物(サブキャラ)に関する記事

遊撃士トヴァルの
サポート活動

元秘書ギルバートの
出世街道

クレオ書記官の
転勤事情

詐欺師マギサ婆さんの
逃亡劇

交換屋ジンゴの成長記

ユン老師
世界観に関する記事
世界地図 リベール内の地図
エレボニア内の地図 カルバード内の地図
七の至宝 魔剣・宝剣・聖剣
歴代戦術オーブメント 国ごとの年表・時系列
釣り人の組織と称号 作中小説
1アージュは
何メートル?
軌跡シリーズの
英語タイトル
タイトルとURLをコピーしました