PR

【空の軌跡】リベール王国の地図【軌跡シリーズ】

軌跡シリーズ
スポンサーリンク

『空の軌跡』の舞台であるリベール王国。

今回は、リベール王国の都市について、地図を用いて解説します。

リベール王国について

リベール王国は『空の軌跡』の舞台となった国で、ゼムリア大陸南西部に位置する君主制の国家です。七耀歴が始まった頃に建国され、約1200年の長い歴史を持っています。

北はエレボニア帝国、東はカルバード共和国という2つの大国と接していますが、女王アリシア2世の外交手腕によって対等な関係を保っています。

この記事では、リベール王国の都市や位置関係について、解説していきます。

 

リベール王国の地図

リベール王国はヴァレリア湖を囲むように5つの地方に分かれています。

各地方の中心都市であるロレント、ボース、ルーアン、ツァイス、そして王都グランセルは五大都市と呼ばれ、女王陛下の直轄地である王都を除いては、これらの都市の市長が地域の統括を兼務しています。

王都グランセル

グランセルはリベールの首都で、女王の住むグランセル城をはじめ、七耀教会の大聖堂、王立競技場(グランアリーナ)、各国の大使館などあらゆる重要機関が集中する、政治・文化の中心地です。

グランセルのある王都地方は《アーネンベルク》と呼ばれる堅固な城壁に囲まれており、《百日戦役》の際にもリベールで唯一帝国に占領されなかった地でもあります。

また、グランセルの東にはリベール王家の小宮殿《エルベ離宮》があり、普段は市民の憩いの場として開放されています。

 

地方都市ロレント

ロレントはリベール北東に位置し、農業と七耀石(セプチウム)の採掘が主な産業となっています。『空の軌跡』の主人公エステルとヨシュアが暮らす街でもあります。

街の象徴でもある時計塔は、10年前のエレボニアとの戦役の際に破壊されましたが、その後市民の手によって再建されています。

 

商業都市ボース

ボースはリベールの北部に位置するリベール第2の都市であり、商業が盛んです。

街の中央にはボースマーケットと呼ばれる巨大な屋内市場があり、食料品、衣類、雑貨、家具、書籍といったあらゆるものがここで手に入ります。

 

ラヴェンヌ村

ラヴェンヌ村ボースの西にある村で、果実栽培が盛んです。村の北には廃坑になった七耀石の鉱山があります。

百日戦役の際には戦果に見舞われた地でもあり、大きな被害を受けました。

 

海港都市ルーアン

ルーアンはリベールの西部、アゼリア湾の入り口に面した海港都市です。

かつては船を使った水運業で栄えていましたが、近年では飛行船による空中輸送にその役割を取られつつあります。その一方で、近年では美しい景観を利用した観光業が盛んになりつつあります。

ルビーヌ川をまたぐように広がった街の真ん中には《ラングランド大橋》と呼ばれる跳ね橋があり、毎日決まった時刻に跳ね橋が上がります。

 

マノリア村

マノリア村は海道沿いにある宿場村で、木蓮の名所として知られています。

以前は多くの人でにぎわっていましたが、飛行船の運航が始まってからは人の往来が少なくなっています。

また、村の東のメーヴェ海道の途中には、マーシア孤児院があります。

 

工房都市ツァイス

ツァイスはリベールの南部に位置する、オーブメント産業が盛んな都市です。

ツァイスのオーブメント技術の高さは大陸でもトップレベルであり、この街の《ツァイス中央工房》によって、世界初の導力飛行船が建造されました。

街の地下にはオーブメント工場が広がっており、照明から飛行船の部品まであらゆるものが製造されています。

 

エルモ村

エルモ村はツァイスの南東にある、温泉が有名な村です。

東方系の移民が比較的多く住んでおり、東方風の雰囲気が感じられます。

登場人物に関する記事
歴代の主人公 エステルの年表
ケビンの年表 ロイドの年表
リィンの年表 ルーファスの年表
ヴァンの年表 蛇の使徒の一覧
執行者の一覧 守護騎士の一覧
登場人物の誕生日
登場人物(サブキャラ)に関する記事

遊撃士トヴァルの
サポート活動

元秘書ギルバートの
出世街道

クレオ書記官の
転勤事情

詐欺師マギサ婆さんの
逃亡劇

交換屋ジンゴの成長記

ユン老師
世界観に関する記事
世界地図 リベール内の地図
エレボニア内の地図 カルバード内の地図
七の至宝 魔剣・宝剣・聖剣
歴代戦術オーブメント 国ごとの年表・時系列
釣り人の組織と称号 作中小説
1アージュは
何メートル?
軌跡シリーズの
英語タイトル
タイトルとURLをコピーしました