PR

【軌跡シリーズ】クレオ書記官の転勤事情

軌跡シリーズ
スポンサーリンク

軌跡シリーズでは、ストーリー中に直接かかわりのないNPCにも様々な物語が存在します。

今回は、クレオ書記官について紹介します。

クレオ書記官とは

黎の軌跡での登場

クレオ書記官とは、『黎の軌跡』第一章で駅前通りのタクシー前にいる人物です。早く家に帰りたい様子ですが…。

「地下鉄整備路の手配魔獣」クリア後、「甘い物を売っている店を巡ろう」の最中に話しかけることができます。

クロスベルの領事館に勤めているというクレオ書記官。普段は単身赴任しており、この日は娘の誕生日だということで休みを取ってカルバード共和国に帰ってきたとのことです。

 

実はこの人は以前の作品にも登場しています。

閃の軌跡Ⅲでの登場

クレオ書記官は『閃の軌跡Ⅲ』第四章のクエスト「高価な配達物」で登場します。このときは名前は出ていませんでした。

クエストの内容は、エレボニア帝国のヘイムダル空港に届いた宛て先不明の荷物を届けるというもの。誤配送された荷物をあちこちを届けた末に、共和国大使館に到着します。

この時、大使館から出てきて対応をしてくれたのがこの人です。

届け物なんてあるはずがないと言っていましたが、包みを見て家族からのものだと気が付きます。

もう2年も帰っていないので愛想を尽かされているだろうと話していますが、開けてみると、子どもが描いたと思われる家族3人の絵が入っていました。

この絵は3歳になる書記官の娘、アミアが描いたものでした。

この時エレボニア帝国とカルバード共和国はほぼ国交が断絶しており、書記官は在留カルバード民のため、2年も国に帰らずに残り続けていたのです。そのため、娘の成長を見ることができていませんでした。

こうして、会わない間に成長していた娘からの1枚の絵にこもった想いを受け取ることができた、というのがクエストの結末でした。

クレオ書記官はこののち数年の間にクロスベルに異動になったようで、『黎の軌跡』で再登場したのがこの書記官というわけです。

 

黎の軌跡での登場(2回目)

『黎の軌跡』第二章では、タイレル地区にある彩雲閣の2階でクレオ書記官が家族と食事としている場面が見られます。奥さんの名前はナディア。

アミアは6歳になっていました。クレオ書記官はこれまで会えない時間が長かった分、家族と会う時間を大事にしているようです。エレボニア帝国にいた時よりもクロスベル自治州の方が行き来はしやすくなったと話しています。

アミアが絵を送ったのは3歳のときでしたが、その時の気持ちは覚えていたようです。

 

「軌跡シリーズ」では主人公たち以外のキャラクターにもそれぞれの物語が描かれることが多くありますが、今回は、エレボニア帝国で会ったキャラクターが3作品後にカルバード共和国で登場するという珍しいケースでした。

閃の軌跡Ⅲ→閃の軌跡Ⅳ→創の軌跡→黎の軌跡という順番です。
登場人物に関する記事
歴代の主人公 エステルの年表
ケビンの年表 ロイドの年表
リィンの年表 ルーファスの年表
ヴァンの年表 蛇の使徒の一覧
執行者の一覧 守護騎士の一覧
登場人物の誕生日
登場人物(サブキャラ)に関する記事

遊撃士トヴァルの
サポート活動

元秘書ギルバートの
出世街道

クレオ書記官の
転勤事情

詐欺師マギサ婆さんの
逃亡劇

交換屋ジンゴの成長記

ユン老師
世界観に関する記事
世界地図 リベール内の地図
エレボニア内の地図 カルバード内の地図
七の至宝 魔剣・宝剣・聖剣
歴代戦術オーブメント 国ごとの年表・時系列
釣り人の組織と称号 作中小説
1アージュは
何メートル?
軌跡シリーズの
英語タイトル
タイトルとURLをコピーしました