PR

【軌跡シリーズ】七の至宝について解説

軌跡シリーズ
スポンサーリンク

軌跡シリーズでは、七の至宝と呼ばれる超常的な力を持った古代遺物が登場します。

今回は七の至宝について解説します。

※シリーズのネタバレが含まれます。

七の至宝とは

《七の至宝》とは古代ゼムリア文明の人々が《空の女神》から授かったとされる、人知を超えた力を持つ7つの古代遺物(アーティファクト)です。セプト・テリオンとも呼ばれます。

の属性に対応した7つの至宝が存在していましたが、やがて至宝の力は失われ、古代ゼムリア文明は《大崩壊》に至ったとされています。

それぞれの至宝には、至宝とそれに関わる人々を見守る役目を持った聖獣が女神から遣わされており、それぞれ異なる姿をとって至宝と人間達を見守っています。

また、ゼムリア大陸で暗躍する結社《身喰らう蛇》の計画《オルフェウス最終計画》において至宝は重要な意味を持つようですが、その詳細は明らかにされていません。

 

これまでに登場した七の至宝

空の至宝

概要

空の至宝《輝く環》(オーリ・オール)は、現在のリベール王国がある地の人々に授けられました。

古代ゼムリア文明においてその力は空中都市《リベル=アーク》を維持する為に利用され、都市市民に様々な恩恵を与えていました。

しかし、人間のあらゆる願いを実現してしまったことで空中都市の市民は堕落していき、最終的にセレスト・D・アウスレーゼらの組織した至宝への抵抗組織《封印機構》によって、至宝は空中都市ごと異次元に封印されました。作中の約1200年前の出来事です。

 

作中での登場

『空の軌跡SC』で登場。

結社《身食らう蛇》の《福音計画》によって《輝く輪》の封印が解かれ、リベール王国に空中都市が出現しました。同時に導力停止現象が発生、これは後に《リベールの異変》と呼ばれます。

至宝によって人類の進化を促すことが結社の計画でしたが、本作の主人公エステルたちによって阻止され、空中都市は崩壊します。

最終的に「空の至宝」は結社の執行者カンパネルラの手によって回収され、その後《盟主》に献上されて《オルフェウス最終計画》の第1段階《福音計画》が完了とされています。

 

幻の至宝《虚ろなる神》(デミウルゴス)

概要

幻の至宝《虚ろなる神》(デミウルゴス)は、現在のクロスベルがある地の人々に授けられました。

「幻」は知覚と認識を司り因果を御する属性です。《輝く環》と同じく人の願いを叶える力があり、古代人達の『女神に代わる地上の神が欲しい』という願いを受けて高度な知性を持った人の姿をとっていました。

しかし、人間と同じ感情と知性を持つが故に、人間の度し難い欲望や醜さに絶望し、至宝自ら消滅する道を選びました。

 

作中での登場

『碧の軌跡』で登場。(正確には「零の至宝」が登場)

女神によってもたらされた「幻の至宝」は失われましたが、1000年以上の妄執の果てに、クロスベルの錬金術師の一族によって「零の至宝」が生み出されました。

それは《碧のデミウルゴス》と呼ばれ、「幻」の他に「空」と「時」の力を持ちオリジナルの「幻の至宝」を超える力を持つものでしたが、『碧の軌跡』の最終決戦にてその力は失われ、器となった存在を残して至宝の力は消滅しました。

しかし《オルフェウス最終計画》の第2段階《幻焔計画》の前半は完了しており、舞台をエレボニア帝国に変えて《幻焔計画》が引き継がれます。

 

焔の至宝

概要

焔の至宝《アークルージュ》は、現在のエレボニア帝国がある地の人々に授けられました。

守護神を象った全高100アージュの巨大な人形の姿をしており、現在では力を失い抜け殻となった巨像が帝国西部のブリオニア島にて確認できます。

人々は至宝の力で数百年にわたり反映していましたが、「焔の至宝」を授かった眷属(魔女)と「大地の至宝」を授かった眷属(地精)の対立から、人々の願いを叶える形で至宝同士の戦いが起こりました。

千日に及ぶ戦いの末に2つの至宝の力は融合し、鋼の至宝《巨イナル一》となりました。《巨イナル一》の力はあまりにも強大であり制御不可能であったため、2つの眷属は《巨イナル一》を封じ込める方法を模索しました。

最終的に地精が作り上げた7つの器に魔女が力を分割することで、7つの器は《七の騎神(デウス・エクセリオン)》として封印されますが、以後も帝国の歴史の裏で起こった戦いにたびたびその姿を現します。

 

作中での登場

『閃の軌跡』で登場。ただし「至宝」としてではなく《騎神》の姿になっており、主人公リィンが《灰の騎神》ヴァリマールの起動者となります。

『閃の軌跡Ⅲ』で《騎神》の成り立ちが明かされ、『閃の軌跡Ⅳ』では7つに分かれた力を元の1つに戻す《七の相克》という7体の《騎神》同士の戦いが行われます。

最後の戦い《最終相克》によって《騎神》たちの力はヴァリマールに集まり、全ての元凶である《黒の騎神》イシュメルガの強大な悪意を実体化させることで消滅に成功します。

これにより、長きにわたり”闘争”によって人を導いてきた焔と大地の至宝は完全に失われました。

《オルフェウス最終計画》の第2段階《幻焔計画》はここで完了とされており、同時に第3段階《永劫回帰計画》の開始が盟主によって宣言されました。

 

大地の至宝

概要

大地の至宝《ロストゼウム》は、「焔の至宝」と同じく現在のエレボニア帝国がある地の人々に授けられました。

「焔の至宝」と同様に巨大な人形兵器の形をしており、現在では抜け殻となった巨像がノルド高原にたたずんでいます。

「大地の至宝」を授かった眷属と「焔の至宝」を授かった眷属の闘争の果てに2つの至宝は融合、鋼の至宝《巨イナル一》となりました。

その後は「焔の至宝」の項目で解説した通りです。

 

作中での登場

『閃の軌跡』で登場。ただし「至宝」としてではなく、《騎神》の姿になっています。

詳細は「焔の至宝」の項目を参照。

 

水、風、時の至宝は未登場

水の至宝、風の至宝、時の至宝は作中では未登場です。

カルバード共和国や他の国に存在する可能性がありますが、『黎の軌跡Ⅱ』時点では物語中に出てきておらず、所在は不明となっています。

『黎の軌跡Ⅱ』で「時間の巻き戻し」を起こした《オクト=ゲネシス》が「時の至宝」に関係あるのではという考察もありますが、ゲーム内では言及されていません。

登場人物に関する記事
歴代の主人公 エステルの年表
ケビンの年表 ロイドの年表
リィンの年表 ルーファスの年表
ヴァンの年表 蛇の使徒の一覧
執行者の一覧 守護騎士の一覧
登場人物の誕生日
登場人物(サブキャラ)に関する記事

遊撃士トヴァルの
サポート活動

元秘書ギルバートの
出世街道

クレオ書記官の
転勤事情

詐欺師マギサ婆さんの
逃亡劇

交換屋ジンゴの成長記

ユン老師
世界観に関する記事
世界地図 リベール内の地図
エレボニア内の地図 カルバード内の地図
七の至宝 魔剣・宝剣・聖剣
歴代戦術オーブメント 国ごとの年表・時系列
釣り人の組織と称号 作中小説
1アージュは
何メートル?
軌跡シリーズの
英語タイトル
タイトルとURLをコピーしました