PR

軌跡シリーズの魔剣・宝剣一覧

軌跡シリーズ
スポンサーリンク

ゲーム『軌跡シリーズ』では、多くの強力な武器が登場してきました。

今回は、軌跡シリーズに登場した魔剣や宝剣など、いわくのある武器を紹介します。

※シリーズのネタバレが一部含まれます。

軌跡シリーズの魔剣・宝剣

魔剣ケルンバイター

結社《身喰らう蛇》の執行者No.Ⅱ、《剣帝》レオンハルト(レーヴェ)が持つ《魔剣ケルンバイター》。

「外の理」で作られたとされ、結社の盟主から授かったものです。

『空の軌跡SC』ではレーヴェの剣技と相まって圧倒的な強さを見せますが、最終決戦時、あらゆる攻撃を防ぐ絶対障壁を破壊した代償にケルンバイターは折れてしまいます。

その後ヨシュアによって回収され、レオンハルトの故郷ハーメルの慰霊碑に突き立てられました。

劇中ではさらにその数年後、『閃の軌跡Ⅳ』でハーメルを訪れた際にも登場しますが、魔剣としての力は失われています。

また、漫画「レーヴェ物語」では彼が盟主からケルンバイターを受け取ることになった経緯も描かれています。

レーヴェ物語 1: 空の軌跡外伝 (ファルコムBOOKS)
フィールドワイ
¥935(2024/07/19 01:57時点)

 

魔剣アングバール

結社《身喰らう蛇》の執行者No.Ⅰ、《劫炎》のマクバーンが持つ《魔剣アングバール》。

ケルンバイターの対となる剣であり、ケルンバイターと同じく「外の理」で作られたものです。

マクバーンは普段は武器を使わず炎を操って戦いますが、本気で戦うときは真の姿を解放し、アングバールを手にします。アングバールとは「相性が良すぎる」と語っており、剣に黒いオーラをまとわせて戦います。

 

宝剣ガランシャール

《光の剣匠》ヴィクター・S・アルゼイド子爵が持つ《宝剣ガランシャール》。

約250年前のエレボニア帝国における内戦「獅子戦役」の際、鉄騎隊の副長を務めたアルゼイド家の祖先が使っていた剣です。

アルゼイド子爵は帝国の二大剣術の一つ「アルゼイド流」を極め、帝国最強の剣士とも称されています。

ただ、『閃の軌跡Ⅱ』でのマクバーンとの戦いや『閃の軌跡Ⅲ』で重傷を負ったことで全盛期ほどの強さは失われています。

 

宝剣アーケディア

《黄金の羅刹》オーレリア・ルグィン伯爵が持つ《宝剣アーケディア》。

宝剣ガランシャールと同じく、獅子戦役の時代に名工が鍛えたものと言われています。

オーレリアは帝国の二大流派「ヴァンダール流」と「アルゼイド流」の両方を極めており、エレボニア帝国最強とも名高い剣士です。

『閃の軌跡Ⅲ』では師匠のアルゼイド子爵を越え、さらなる高みに至りました。

スポンサーリンク

聖剣イシュナード・聖剣エルヴァース

不死の王を倒したと伝わる、アルバレア家の家宝でもある”兄弟剣”《聖剣イシュナード》と《聖剣エルヴァース》。

アルバレアの家系であるユーシスが《聖剣エルヴァース》を持ち、『閃の軌跡Ⅳ』の戦いでは同じくアルバレア家で《聖剣イシュナード》を手にしたルーファスと剣を交えました。

 

ロランの双剣

獅子戦役の時代、ドライケルス帝に仕えたロラン・ヴァンダールが使っていた双剣です。

彼が興したヴァンダール流剣術は後にエレボニア帝国の二大流派の一つとなりましたが、双剣は長い間行方知れずになっていました。

新Ⅶ組のクルト・ヴァンダールは叔父の情報を頼りに左手用の小剣をラクウェルで探し当てます。

剣を手にしたクルトは剣に宿っていたロランの思念を見ることになり、ドライケルスを守護するために生きたロランの思いを知りました。

さらにその後、兄のミュラーが右手剣を見つけ、この剣を持つ資格があるかをクルトとの戦いで見極めたのち、クルトに右手剣を譲ります。

これにより、双剣が再びヴァンダールの人間の元へ還ることになりました。

 

漆黒の太刀

侍衆《斑鳩(いかるが)》の副長を務めるシズナ・レム・ミスルギが持つ漆黒の太刀。刀の真名は明かされていませんが複数の銘が存在し、《暁鴉(あけがらす)》とも呼ばれています。

『創の軌跡』追加エピソードで対峙したリィンからは、これまで何度も目にした宝剣の類と比べてもそれ以上の業物と評価されており、この時の戦いでリィンの太刀は折られてしまいます。

《暁鴉》の鞘は強者の武器や鎧を素材として作られており、刀が放つ妖気を抑え込んでいます。リィンとの戦いで折った太刀の切っ先も、のちに鞘の一部とされました。

 

聖魔剣アペイロン

カルバード共和国のマフィア組織《アルマータ》の首領ジェラール・ダンテスが持つ《聖魔剣アペイロン》。

100年前の民主革命で滅亡したカルバード王家に伝わる聖剣であり魔剣です。特級封印指定物とされるほどの力があり、王国滅亡後に教会が回収を試みましたが行方不明となっていた古代遺物でもあります。

アペイロンの力により《反応兵器》と呼ばれる大量破壊兵器を起動することが可能であり、『黎の軌跡』では村1つを消し去るほどの破壊力を見せつけました。

また、この剣はカルバード旧王家の血をひくもののみが扱えるという特別な古代遺物で、ジェラールの死後は二人組の暗殺者「洸弾のイクス」と「影喰のヨルダ」の手に渡っています。

登場人物に関する記事
歴代の主人公 エステルの年表
ケビンの年表 ロイドの年表
リィンの年表 ルーファスの年表
ヴァンの年表 蛇の使徒の一覧
執行者の一覧 守護騎士の一覧
登場人物の誕生日
登場人物(サブキャラ)に関する記事

遊撃士トヴァルの
サポート活動

元秘書ギルバートの
出世街道

クレオ書記官の
転勤事情

詐欺師マギサ婆さんの
逃亡劇

交換屋ジンゴの成長記

ユン老師
世界観に関する記事
世界地図 リベール内の地図
エレボニア内の地図 カルバード内の地図
七の至宝 魔剣・宝剣・聖剣
歴代戦術オーブメント 国ごとの年表・時系列
釣り人の組織と称号 作中小説
1アージュは
何メートル?
軌跡シリーズの
英語タイトル
タイトルとURLをコピーしました